ホーム > 小説一覧 > 小説訳者一覧 > 富永佐知子

検索結果

検索条件

検索結果

  • 16タイトル
  • 1ページ
  • 1ページ目
表示切替
<< 前へ

1

次へ >>
公爵の愛しのシンデレラ
著者 : エリザベス・ボイル / 富永佐知子
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
2年前に父親を亡くしたタビサは、叔父夫婦に引き取られて以来、毎日使用人のように働かされている。そんなある日、タビサは罪深…
貴公子の罪な戯れ
著者 : クリスティン・メリル / 富永佐知子
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
家庭教師のマディは新しい雇い主との面接のため、ある宿屋に泊まった。雇い主に気に入られて、年老いてからも家の片隅に置いて…
美しき刺繍師
著者 : ジュリア・ジャスティス / 富永佐知子
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
フランス貴族出身のエロディは無慈悲な運命に翻弄されていた。軍人である兄の上官に異国へと連行されたうえ、大切な家族を人質…
宵闇の鳥のささやき
著者 : シャーロット・フェザーストーン / 富永佐知子
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
社交界を賑わすウォーリングフォード伯爵マシューは、その見目麗しい容貌で幾多の浮き名を流しつつも、退屈な日々に辟易してい…
伯爵の花嫁候補
著者 : アニー・バロウズ / 富永佐知子
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
放蕩伯爵デベン卿は30歳を迎え、跡継ぎをもうける必要に迫られていた。久々に舞踏会に足を運んで妻にふさわしい女性を見つけよ…
あたたかな雪
著者 : ダイナ・マコール / 富永佐知子
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
超能力をもつデボラは、世間から疎まれ、山奥でひっそりと暮らしている。ある日、飛行機の墜落現場で幼い子供と女性が助けを呼…
億万長者と砂漠の姫君
著者 : オリヴィア・ゲイツ / 富永佐知子
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
砂漠の国ゾハイドの姫君カンザは、世界的に有名な億万長者の実業家、アラム・ナザリヤンと偶然再会した。10年前の恋心がよみが…
疑われた無垢
著者 : ジェシカ・スティール / 富永佐知子
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
何度目かの手術が成功し、ついにデヴォンは歩けるようになった。そんな喜びも束の間、彼女は恐ろしい事実を知る。莫大な手術費…
砂漠の一夜を胸に
著者 : オリヴィア・ゲイツ / 富永佐知子
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
灼熱の国ジザーンの王子で世界的神経外科医のファリードは、父王に結婚を反対され事故死した弟の婚約者と赤ん坊を捜していた。…
身代わりのフィアンセ
著者 : ケイトリン・クルーズ / 富永佐知子
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
母の婚外子として生まれ、大富豪である伯父に疎まれてきたベッカは、ある日その伯父の邸宅に呼ばれ、訝った。伯父のせいで妹と…
夢の一夜の代償
著者 : サンドラ・ハイアット / 富永佐知子
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
シドニーで開かれた華やかな結婚披露パーティで、キャリーは孤独を噛みしめながら闇に沈むバルコニーに出た。花婿は、6年もつき…
幻の王子様
著者 : フィオナ・マッカーサー / 富永佐知子
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
女医のキキは、医学シンポジウムでステファノと出会った。地中海に浮かぶ島国アスペリクス大公国のプリンスであり、優秀な外科…
子爵の贈り物
著者 : アニー・バロウズ / 富永佐知子
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
チェプストウ子爵は憂鬱だった。よりによって、ミス・ハニーサックル・ミラーが家庭教師として働く屋敷に招待されるとは……。妹…
キスを盗んだ億万長者
著者 : ナタリー・アンダーソン / 富永佐知子
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
彼と夢のような一夜を過ごしてみたい――女性社員がそう熱望する最高経営責任者(CEO)アレックス・カーライルはカリスマ性と…
灼熱のアルハンブラ
著者 : ペニー・ジョーダン / 富永佐知子
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
フェリシティは亡き父の祖国スペインにやってきた。公爵家の一員だった父が認知できなかった娘のために、家を遺していたと知ら…
氷のシークと情熱の花嫁
著者 : オリヴィア・ゲイツ / 富永佐知子
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
ゾハイド王国の王位継承者アムハドは父王が選んだ花嫁を慈しみ、愛そうと日々心を砕いていた。ところが肉体が日を追うごとにむ…
<< 前へ

1

次へ >>
カテゴリーで探す

小説

作者名で検索