ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > マリー・フェラレーラ

検索結果

検索条件

検索結果

  • 26タイトル
  • 2ページ
  • 1ページ目
表示切替
<< 前へ

1 2

天使にプロポーズ
著者 : マリー・フェラレーラ / 山田沙羅
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
訪問看護師のKCは一年ほど前に婚約を破棄され、それ以来誰ともデートしようとはしなかった。そこで姉のレイチェルは一計を案…
拒まれたプリンセス
著者 : マリー・フェラレーラ / 麻生ミキ
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
結婚式が数日後に迫っていた。好意すら抱いていない許嫁の王子との望まない結婚。だが、王女であるアメリアには、より大きな国…
正しい恋の選び方
著者 : マリー・フェラレーラ / すなみ翔
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
ジャニスは、家の内装や修理を手がけている。女性であるために偏見の目で見られることもあるが、彼女は自分の仕事を愛し、プラ…
ボディガードは眠らない
著者 : マリー・フェラレーラ / 如月富雨
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
こんなことが二度も起きる確率が、いったいどれだけあるの?深夜、病院の立体駐車場。医師のサーシャは自分の車に座りこみ、警…
ニューヨークの騎士
著者 : マリー・フェラレーラ / 小林りりこ
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
ブーツ。クランシーのお気に入りの白いブーツだ。ナターリャは幼なじみのブーツの足先を目にして駆け寄った。その日、ふたりで…
誇り高きドクター
著者 : マリー・フェラレーラ / 茅野久枝
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
"「もう一度言わせるな、外へ出ていけ」立ちはだかる白衣の独裁者の不遜な口調にFBI捜査官のリディアは唖然とした。重傷を負…
偽りのシンデレラ
著者 : マリー・フェラレーラ / 山田沙羅
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
慣れないスーツにハイヒールという格好で、T・Jは怯えながら空港でクリストファーを待っていた。いとこで広告代理店社長のテ…
ドクターに恋したら
著者 : マリー・フェラレーラ / 津田藤子
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
本当のわたしを知ってほしい……。けがでブレア・メモリアル病院に入院したロンドンはある男性に恋いこがれていた。大使令嬢として…
罪なプレイボーイ
著者 : マリー・フェラレーラ / 田中淳子
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
なぜ、あんなばかなことをしてしまったのだろう。サバンナは心の底から自分を責めた。あの夜、フォーチュン家主催の華やかなパ…
ドクターは敵?
著者 : マリー・フェラレーラ / 堺谷ますみ
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
ブレア・メモリアル病院に勤務する整形外科医マックは、一流の技術とともにプレイボーイとしても名を轟かせている。どんな女性…
プレイボーイの治療法
著者 : マリー・フェラレーラ / 早川麻百合
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
「ありがとう。ほんとうに、ありがとう」事故に遭った車から、祖父とともに助け出された女性は、息をはずませてそう言った。ジ…
ボディガードは永遠に
著者 : マリー・フェラレーラ / 新号友子
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
「ぼくがきみのボディガードになる」ケイディはその言葉に、茫然と相手のバイロンの顔を見つめた。確かに彼が今回の事件で責任…
摩天楼の影
著者 : マリー・フェラレーラ / 島野めぐみ
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
研修医のタニアは過酷なER勤務に必要以上に没頭することで、十七歳のときの悪夢をよみがえらせまいとしていた。このまま姉た…
離せない唇
著者 : マリー・フェラレーラ / 宮崎真紀
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
★何が嘘で何が真実か、彼は何者なのか。その答えをどうしても知りたかった。★プラスキ家の五人姉妹の末娘マルヤは開業医を目指…
暗闇から始まる恋
著者 : マリー・フェラレーラ / 新号友子
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
■彼は敵? それとも味方?熱い鼓動に邪魔されて、判断がつかない。■夜遅く、5カ月ぶりに帰郷したジョージーは、車を降りたとた…
御曹子とシンデレラ
著者 : マリー・フェラレーラ / 佐藤たかみ
出版社 : ハーレクイン
カテゴリ : ハーレクイン小説
“独身者オークション”の司会を務めていたジェニーは、魅力的な独身男性が次々と落札されていくのを眺めていた。さえないわたし…
<< 前へ

1 2

カテゴリーで探す

小説

作者名で検索