ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > 雛宮さゆら

検索結果

検索条件

検索結果

  • 14タイトル
  • 1ページ
  • 1ページ目
表示切替
<< 前へ

1

次へ >>
腐男子の俺が社長に愛でられた結果
著者 : 雛宮さゆら/鈴倉温
出版社 : コスミック出版
カテゴリ : ボーイズラブ小説
レーベル名 : セシル文庫
2.5次元舞台もBLも好きな腐男子の祐馬は、推し俳優に投資するお金を稼ぐため、時給の高いキャバクラで裏方バイトをしていた。だ…
獣の騎士に愛されて
著者 : 雛宮さゆら/一夜人見
出版社 : オークラ出版
カテゴリ : ボーイズラブ小説
レーベル名 : プリズム文庫
作家の修吾は、何者かに導かれるように古書店で一冊の本を買った。
その本の中から銀髪のうつくしく逞しい男が突然現れて、聞い…
子連れマフィアと愛の烙印
著者 : 雛宮さゆら/蘭蒼史
出版社 : コスミック出版
カテゴリ : ボーイズラブ小説
レーベル名 : セシル文庫
「ここでエツィオのシッターになれ」マフィアの一員であるランベルトに銃を突きつけられ、脅されているのは増淵和哉、日本人、2…
シャレード文庫番外編SS集3
著者 : 楠田雅紀/雛宮さゆら/ゆりの菜櫻
出版社 : 二見書房
カテゴリ : ボーイズラブ小説
レーベル名 : シャレード文庫
シャレード文庫の人気作品、珠玉の番外編SS集第3弾!


■ 楠田雅紀『龍の妻恋い~うそつき龍の嫁取り綺譚~』番外編
  龍…
異世界トリップしたら王様のベッドの上でした
著者 : 雛宮さゆら/水綺鏡夜
出版社 : コスミック出版
カテゴリ : ボーイズラブ小説
レーベル名 : セシル文庫
漢方薬店に勤める律はある日、車にはね飛ばされてしまった。絶体絶命だと思った瞬間、ありえないはずのぽよんとした感触。なん…
溺愛ツインズの誘惑
著者 : 雛宮さゆら/不破希海
出版社 : オークラ出版
カテゴリ : ボーイズラブ小説
レーベル名 : プリズム文庫
脚本家の雪弘がふとしたきっかけで知り合った、トップアイドルの一路と人気俳優の史数。彼らは双子で、見わけがつかないほどそ…
拾った狐はオオカミでした
著者 : 雛宮さゆら/上條ロロ
出版社 : オークラ出版
カテゴリ : ボーイズラブ小説
レーベル名 : プリズム文庫
ホストの玲弥が飢えた野良犬に餌をやった数日後、突然怪しい男が自宅に押しかけてきた。頭の上にふたつの尖った耳、尻には三つ…
楽園の疵
著者 : 雛宮さゆら/村崎ハネル
出版社 : 二見書房
カテゴリ : ボーイズラブ小説
レーベル名 : シャレード文庫
兄ちゃんは、俺の女だ。

怖がりの大学生の兄・健太と出来のいい高校生の弟・涼夜。両親の海外赴任で二人暮らしが始まると、涼…
妲己の恋~中華艶色譚~
著者 : 雛宮さゆら/MAM☆RU
出版社 : 二見書房
カテゴリ : ボーイズラブ小説
レーベル名 : シャレード文庫
それは、愛ゆえのどうしようもない病

愛しているのは自分と正反対の清廉潔白な兄・桂英だけ――。
しかし妲己(だっき)と綽名さ…
狼ベイビーと子育て乱舞曲
著者 : 雛宮さゆら/椎名ミドリ
出版社 : コスミック出版
カテゴリ : ボーイズラブ小説
ジャンル : 獣化・擬人化
レーベル名 : セシル文庫
狼人間の白狼と恋人同士になった雪哉は、彼の息子・士狼の世話と小説家としての作品作りで四苦八苦だが充実した日々を送ってい…
赤ちゃんと俺とやくざさん
著者 : 雛宮さゆら/蘭蒼史
出版社 : コスミック出版
カテゴリ : ボーイズラブ小説
ジャンル : 極道
レーベル名 : セシル文庫
「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ」ここで捕まるわけにはいかない。なんとか腕の中の小さな子供を守らなくちゃ!ひどい婚家から逃げ出…
狼ベイビーと子育て狂想曲
著者 : 雛宮さゆら/椎名ミドリ
出版社 : コスミック出版
カテゴリ : ボーイズラブ小説
レーベル名 : セシル文庫
小説のネタ探しに公園に行った雪哉は偶然、大学時代の憧れの先輩に出会う。先輩・白狼は小さな子供を連れていて、一歳ちょっと…
金狼皇帝の腕で、偽花嫁は
著者 : 雛宮さゆら/虎井シグマ
出版社 : イースト・プレス
カテゴリ : ボーイズラブ小説
ジャンル : 純愛 溺愛 俺様・ドS 三角関係
レーベル名 : アズ文庫
金狼族の皇帝、紅雷の後宮に入ることになっていた瑾族の娘、翔香が失踪した。そこで、瓜ふたつの兄、翔泉が妹になりすまし後宮…
陰陽師皇子は白狐の爪で花嫁を攫う
著者 : 雛宮さゆら/月之瀬まろ
出版社 : イースト・プレス
カテゴリ : ボーイズラブ小説
ジャンル : ファンタジー 時代物 俺様・ドS
レーベル名 : アズ文庫
物の怪騒ぎが続く都。民部省少輔の崇人は、桜見の宴で八の宮秋永から声をかけられる。秋永は皇子という高貴な身分でありながら…
<< 前へ

1

次へ >>
カテゴリーで探す

小説

作者名で検索