ホーム > 小説一覧 > 麗しの歌姫は黒侯爵に愛を捧げる【書下ろし・イラスト10枚入り】

麗しの歌姫は黒侯爵に愛を捧げる【書下ろし・イラスト10枚入り】

    • 立ち読み(無料)
  • 会員登録期間 ¥900 + 消費税 獲得pt:9pt
  • お気に入りに追加
  • マイリストに追加

麗しの歌姫は黒侯爵に愛を捧げる【書下ろし・イラスト10枚入り】

美声の子爵令嬢アリアは川の畔で歌を奏でていた。するとそこにアドニスと名乗る青年が現れ、二人は共に似通った境遇ですぐに打ち解け、たびたび会うようになる。ある日、川の畔で二人は甘く淫らな時を過ごし愛し合う。だが、アリアはいとこのリリーシャから、アドニスが残忍かつ冷酷と噂される『黒侯爵』なのでは、という話を聞かされ……!!

4.0 評価集計 4件の評価
評価する
評価5
1
 

評価4
2
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

麗しの歌姫は黒侯爵に愛を捧げる【書下ろし・イラスト10枚入り】 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

信じてあげて 評価33

美声の子爵令嬢アリアは自宅を抜け出して川辺で歌っているところを一人の男性に見初められました。たびたび川辺で会うようになる2人ですが、その男性が恐ろしい黒侯爵だという話を聞いたアリアは、こわくなって会いに行くのをやめてしまいます。こんな誤解がそのまま物語の要点となり、目まぐるしくストーリーは展開します。はじめが悪くても終わりがよいので、よかったです。

参考になりましたか?はいいいえ
主人公の心の揺れ具合が好きでした 評価44

仲良くなった青年が残忍で冷酷な黒公爵ではないか、と疑う主人公のアリアが良かったです。それまでの信頼や甘美な時間がありながらも、思い当たる節から疑わずにはいられない、揺れ動く心の描写が好きでしたね。 途中、川の畔でのゲームには思うところもありましたが、甘々なのが好きな人にはいいかもしれません。 イラストは表紙より中の挿絵の方が個人的には好きでしたね。 すれ違いが解消されてのハッピーエンド。読後感もよかったです。

参考になりましたか?はいいいえ
【ネタバレ】表現できない愛の美しさ 評価44

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
カテゴリーで探す

小説

作者名で検索