ホーム > 小説一覧 > 復讐と執愛の蜜夜

復讐と執愛の蜜夜

    • 立ち読み(無料)
  • 閲覧期間:90日間¥500 + 消費税 獲得pt:5pt
    会員登録期間 ¥600 + 消費税 獲得pt:6pt
  • お気に入りに追加
  • マイリストに追加

復讐と執愛の蜜夜

「随分と生娘の真似がうまいな」美しいアビーは、隣り合った領地を治める貧しい男爵家のエヴァンの婚約者だったが、父親の借金の形(かた)に老子爵に嫁ぐことになってしまう。そして、六年の月日が過ぎ、資産家になったエヴァンは伯爵になっていた。一方、アビーは六年間エヴァンを思い続けていた。その二人が、伯爵の催す舞踏会で再会する。それは、偶然ではなく、復讐に燃えるエヴァンが企んだことだった。エヴァンはアビーの七日間を金で買い、辱めるために、アビーに近づいた――。エヴァンを裏切ったと思い続けていたアビーは、エヴァンの酷い仕打ちも許し、受け入れるのだったが!?

3.5 評価集計 3件の評価
評価する
評価5
1
 

評価4
1
 

評価3
0
 

評価2
1
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大2,400文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

復讐と執愛の蜜夜 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

担当が仕事をしていない 評価22

背景設定は近代ヨーロッパのハーレクイン風、絡みシーン多めと言った所。両親の為に資産家の老子爵に嫁いだアビーと、何の説明もなく裏切られたエヴァン、それぞれの葛藤がわかりやすく書かれていますが、やはり愛と悲に「憎」の加わったヒーローの描写に比重が高い感じです。若い時に恋中でありながら清いまま引き裂かれてしまったせいか、アビーを求めるエヴァンが暴走気味で、「もうちょっと抑えようよ」と嗜めたいくらい(笑)。そういうタイプが好きな方には良いかもしれません。 アビーを悪女だと思い込む事で立ち直って社会的成功を収め、未だ処女だとわかった途端に冷水を浴びた様に目が覚めるのはこの手の物語のお約束。もし処女ではないが貞淑な妻だった場合、話を転がす技術がかなり必要だからか、それとも書き手の女性達が暗に男の単純さを皮肉っているのかも。アビーの両親が娘が子爵に嫁いだ本当の理由をエヴァンに隠した事は容易に想像できますが、当時どこまで食い下がったのか、金と地位を得てから事情を調べなかったのかとか、絡みのシーンを1つ削ってその辺りを書いてほしかった。 イラストは綺麗系ではありますが、アビーが6年間夫の秘書や看病を続けてきた大人の女性には見えないのが残念。そして驚いたのは、子爵の甥であるチャールズの名前が後半リチャードに変わってしまっていた事。執筆中に変わったんだろうとは思いますが、原稿がアナログだったとしてもデジタル化した時点で文字列検索は可能なので、すぐに直せます。著者も担当もロクに校正作業をしないまま書籍化したとしか思えません。このレーベル全体がそうでない事を祈ります。お話は定番物の1つとしてそれなりに楽しめましたが、信じがたいミスで星1つ減らしました。

参考になりましたか?はいいいえ
カテゴリーで探す

小説

作者名で検索