ホーム > 詳細検索 > アドレナライズ

検索結果

検索条件

検索結果

  • 320タイトル
  • 20ページ
  • 4ページ目
表示切替
他人の城
著者 : 河野典生
出版社 : アドレナライズ
カテゴリ : その他
ジャンル : ミステリー・サスペンス
失踪した女の部屋には〈私〉が雑誌に書いた戦争混血児に関する記事が残されていた 人はみな心の中に他人には窺い知れない孤独…
ギャラクシー・トリッパー美葉3 寄り道だらけのオデッセイ
著者 : 山本弘
出版社 : アドレナライズ
カテゴリ : その他
ジャンル : ファンタジー
「あなたは、だれ?」美葉のピンチを救ってくれた謎の美女の正体は!? あたし、飾美葉14歳。地球目前で食中毒になってしまった…
ギャラクシー・トリッパー美葉2 空のかなたのユートピア
著者 : 山本弘
出版社 : アドレナライズ
カテゴリ : その他
ジャンル : ファンタジー
果たして宇宙に楽園は存在するのか? 邪悪な人工惑星から銀河系を守れ! あたし、飾美葉14歳。地球を探してさまよう宇宙の放…
ギャラクシー・トリッパー美葉1 10万光年のエスケープ
著者 : 山本弘
出版社 : アドレナライズ
カテゴリ : その他
ジャンル : ファンタジー
ミョーな宇宙を飛び回る、ツッコミ・美葉ちゃんと大ボケ・ルーくんの珍道中! あたし、飾美葉14歳。平均的美少女で頭は良いが…
博士号剥奪 女医・倉石祥子
著者 : 霧村悠康
出版社 : アドレナライズ
カテゴリ : その他
ジャンル : ミステリー・サスペンス
患者の命を利用して計画された報復行為の全貌を暴く「胆嚢癌見落としで術後二ヵ月で死亡?」患者の家族から、抗議文書が届いて…
あれは血の土曜日
著者 : 河野典生
出版社 : アドレナライズ
カテゴリ : その他
ジャンル : ミステリー・サスペンス
セックス、マリファナ、そしてジャズ……スウィング感あふれるハードボイルド・ミステリー! ホテルで女が惨殺された。偶然隣の…
明日こそ鳥は羽ばたく
著者 : 河野典生
出版社 : アドレナライズ
カテゴリ : その他
ジャンル : 文学 ミステリー・サスペンス
失踪した男が作った〈鳥〉の旋律は、インドの民衆に受け入れられ、弾き継がれていた 六つの指穴を持つ縦笛による八小節の音の…
さらば、わが暗黒の日々
著者 : 河野典生
出版社 : アドレナライズ
カテゴリ : その他
ジャンル : ミステリー・サスペンス
仕事でバリに降り立った私は、仕組まれた“偶然”により事件に巻き込まれてゆく 私の躰はくの字に折れ曲がっていた。やがて二人…
迷彩の森
著者 : 河野典生
出版社 : アドレナライズ
カテゴリ : その他
ジャンル : ミステリー・サスペンス
皮膚の内側にさまざまな情念を閉じこめて、黒々と人びとがうごめいている 深夜の酒場で、偶然、青春時代ジャズ仲間だった男と…
ペインティング・ナイフの群像
著者 : 河野典生
出版社 : アドレナライズ
カテゴリ : その他
ジャンル : 文学
淡い叙情性を持つ物語が散りばめられた新形式“掌編組曲” 言葉のペインティング・ナイフが塗りこめてゆく現代人の叙述詩…。短篇…
続・街の博物誌
著者 : 河野典生
出版社 : アドレナライズ
カテゴリ : その他
ジャンル : 文学
手にするは不思議な街の案内状、自然と文明とが溶け合う幻影のオムニバス その男と少年にしか見えない巨鳥“モア”、街じゅうで…
街の博物誌
著者 : 河野典生
出版社 : アドレナライズ
カテゴリ : その他
ジャンル : 文学
現代人の心奥底に眠る原始への郷愁を呼び、未来への不安を暗示する幻想小説集 歩行者天国で賑わう渋谷の街にそそりたつメタセ…
語り手の事情
著者 : 酒見賢一
出版社 : アドレナライズ
カテゴリ : その他
ジャンル : 文学
性妄想を抱いた男性だけが招かれる謎の館、哄笑と驚嘆のポルノグラフィー テーブルの脚すらも包み隠しほど性倫理に幻覚なヴィ…
ピュタゴラスの旅
著者 : 酒見賢一
出版社 : アドレナライズ
カテゴリ : その他
ジャンル : ミステリー・サスペンス
究極のミステリー、あるいは哲学・求道の青春小説、そして恐怖と幻想、寓意譚 ミステリーの、ひいては小説の約束事に挑戦する…
静かな教授
著者 : 多岐川恭
出版社 : アドレナライズ
カテゴリ : その他
ジャンル : ミステリー・サスペンス
完全犯罪を狙った犯罪者の視点から殺人事件を描く倒叙ミステリ うそ寒い家庭生活を送る大学教授は、孤高の学究生活を乱す虚栄…
人でなしの遍歴
著者 : 多岐川恭
出版社 : アドレナライズ
カテゴリ : その他
ジャンル : ミステリー・サスペンス
おれを殺そうとしている者は、いったいだれなのだろう? 体調が思わしくない、気力も湧かない。生きていても仕方がない。半ば…

作者名で検索