ホーム > 蜜愛セレナーデ文庫 10月の最新刊

蜜愛セレナーデ文庫 10月の最新刊

めくるめく愛と快感の旋律! 「蜜愛セレナーデ文庫」創刊!
姫と王子のファンタジーロマンから現代大富豪ものまで。美男子の情熱の恋歌が、時に優しく、時に激しく、貴女に甘美なひとときをお贈りします。

キスで絡める執拗な愛のささやき
作家 / イラストレーターあゆざき悠/篁ふみ
「城下町の路地裏に小さいパン屋があった。そのパン屋の娘が貴族の間でも美しいと噂になっていた。パン屋の娘、アーネットは父親を亡くし、年頃だと言うのに喪に服しているために見合いもできない。そんな彼女は馬車通りで見目麗しい伯爵と出会う。その日以降、美しい金髪碧眼の伯爵が、パン屋に訪れるようになった。彼はアーネットに会いたくてと言うが、アーネットはその言葉を信じていない。そんなある日、城下町で若い娘が神隠しのように消えてしまう事件が相次ぐ。アーネットもまた浚われそうになり、伯爵が助けてくれるのだが――この日から伯爵の家に匿われているはずが、監禁状態。彼に囲われたアーネットは、彼の愛戯と寵愛を受けるようになり――身分差・執愛・監禁のラブストーリー」
雪白の姫は銀の皇子の愛に溺れる
作家 / イラストレーター沙布らぶ/高原きら
小国の公女レーアは、ある雪深い夜にヴォルフという一人の青年を助ける。たった一夜、出会った彼のことが忘れられずに一年を過ごしたレーアだったが、彼女は宗主国であるシュトルマイツ帝国の第二皇子との結婚が決められてしまった。 吹雪の夜に出会った青年を忘れられないまま帝国の地を踏んだレーアだったが、彼女を見初めた第二皇子は、一年前に出会ったヴォルフその人だった。 宗主国と属国という立場の差に悩むレーアだったが、ヴォルフはそれを気にすることなく甘く激しく彼女を愛する。強引ではあるが責任感に溢れ、まっすぐに自分への愛を叫ぶヴォルフにレーアも次第に惹かれていくが、二人の前にはレーアの母国に巣食ったある問題が立ちはだかる――。

蜜愛セレナーデ文庫配信中タイトル

作者名で検索